PR




「昭和の森公園」のすべり台とは

千葉県千葉市の緑区にある「昭和の森公園」。ここはおよそ106へクタール(東京ドーム23個分!!)という広大な公園です。この公園のレクリエーションゾーンと呼ばれるエリアに109メートルの長い滑り台があります。具体的には、レクリエーションゾーンの中のある「もみじ広場」と呼ばれる所にあるのですが、19の連続するアスレチック遊具の中のひとつとして存在しています。ですので、すべり台を滑って終わり・・・と言うわけではなくて、そのアスレチックをひとつずつ遊びながら進んで行くと、一周してまたローラー滑り台のスタート地点に戻ってくるといった構造になっています。元気いっぱいの子供たちが無限ループしてしまって、保護者にとっては大変な構造なのかもしれません(笑)
ローラー滑り台自体は、高低差25メートルもあり、また、すべりも良いので109メートルと距離が長くても気持ち良くすべることのできる滑り台みたいですね。

【動画】「昭和の森公園」のすべり台は、たぶん千葉県最長のローラー滑り台!


この動画は「おけら たかべー」さんの作品です。

「昭和の森公園」の基本情報

  • 公園名 : 昭和の森公園
  • 所在地 : 千葉県千葉市緑区土気町22
  • 電話番号: 043-294-2884
  • 駐車場 : 有料(1日400円)/8:30~17:00/計824台
  • 「昭和の森公園」の地図